今日のこと

きょうの夕方、久々に

真っ赤な真っ赤な夕焼けをみました。

 

きょうの午前中、久々に

信濃美術館に行きました。

ひろしま美術館のコレクションが

きている企画展です。

シダネルというひとの「離れ屋」という作品に

ぐわっと抱きすくめられて浮くような感覚をおぼえて。

嬉しかったので、だれかにこのことを伝えたくて

その作品のポストカードを買って

早速てがみを書いたのですが

印刷になった それ は、普通というか

さっきみた作品と同じ構図をしているというだけの

「記号」みたいなものでしかなくて

あぁ、そういうことなんだなと思いました。

 

印刷には出せない、「生」のあの圧倒的な

存在感って、なんなのでしょうね。

 

夕焼けを背に、そんなことを思いながらネオンに行ったら

韓国から来たdringe aughさんのライブがみれて

ギターの音が繊細で、潔くて

人柄からも潔い感じが伝わって来て

いいなー、聴けてよかったなーと思ったのです。

 

生身の世界に合掌。

 

 

 

 

 

Hey Visitor!