2013年、夏2

今年のお盆は時間があったので

実家に帰って、

何年ぶりかに家族全員で迎え盆に行きました。

 

我が家のお墓は隣りの市にあるので

歩いていくのは難しく、

提灯を灯しながら車に乗って移動するという

なんとも風情のないお盆なのですが

(やはり、夕暮れのなか先祖の霊を迎えに行って

 墓から灯した提灯を持って、歩いて帰るというのが迎え盆の風情だと思うのです)

 

墓前で弟と馬鹿なことばかり話して、

中学生のころもこんなだったよなと思いだして

弟と居るときは一生こうなのかしら、なんて思ったり

白髪の増えた(若いのに)弟の前頭葉を眺めながら

まあそれもいいかもね、と思ったり。

 

母方と父方、両方のご先祖さんを迎えに行くので

墓を二つ経由するのです。

家紋の違う二つの提灯を、

弟と一つずつ持って

「助さん、角さんみたい」と言って

家の前で、かんばを焚いて

 

ふたつの仏壇的なものに

それぞれの家紋が入った提灯の灯りでろうそくを灯し

天麩羅を供えて、線香を焚き

くるくる廻る灯明のあかりをしばらく眺めて

うん、家族全員のお盆はいいもんだ、と思いました。

 

そうそう、母がはしゃいで「ビールを買って帰ろう」と言い出して

帰りのスーパーで、缶ビールを6本買いました。

でも家族みな酒があまり強くなく、父に至っては下戸で

言い出した母も半分で「もういい」と言い出し

結局ビールは2缶足らずでその役目を終えたのでした。

 

 

 

 

Hey Visitor!