12.27 京都 UrBANGUILD「さらば、ゆーきゃん」

ゆーきゃんというひとが

どんな風にこの町を愛して

この町から、人から

どんな風に愛されて来たかを

 

じんわりと垣間みる

感動的な夜でした。

 

・・・・・・・・・・・・・

12月27日

 

松本でライブを2度ご一緒して

うたもさることながら、その人柄にすっかりファンになってしまった

京都の歌い手、ゆーきゃん氏。

 

この度、京都を離れて実家の富山に帰るゆーきゃんの

送別会的ライブイベント「さらば、ゆーきゃん」のオープニングで

歌わせてもらいました。

 

会場は、演奏してみたいと(ひそかに)憧れていた

京都UrBANGUILD。

”ゆーきゃん史”の中では、新参者であろう私なんかが歌って…だ、だ、大丈夫なんだろうか…。。

という、一抹の不安を、微塵に吹き飛ばすくらい

会場全体が温かさにあふれた夜でした。

この日、この場に居れてほんとうに良かったなと

満員のUrBANGUILDで噛み締めました。

 

人と人のつながりっていいな…と、月並みだけれどそんなことを深く深く想いました。

世の中には素敵な大人がたくさん居るんですね。とっても励まされました。

とりあえず長野に戻ったら、ゆーきゃんと引き合わせてくれた

give meの新美君に、孝行しよう。うん、そうしよう。笑

 

 

ゆーきゃん氏本人がblogでその日のことを綴っています。

井原のことも触れてくれています。嬉しかったので、(勝手に!)ご紹介→→「aka rui heya

 

Hey Visitor!